ボトル浦霞 選手登録すれど未出場

ボトル浦霞 本醸造

麹の香りが生きていて、口当りの柔らかさと全体のまったり感が安心させてくれますね。

ボトル浦霞 (1)
  本醸造・生貯蔵酒
  精米歩合 65%
  AL度数  15度
  容量   300ml

実はこれ、先日の高校野球観戦にラインナップしたのですが、結局出場の機会がなく、そのまま自宅の冷蔵庫で大人しく待っていました。

夏の昼に登場するにはピッタリの爽やかさだったでしょう。
しかし、バーボンに先を譲ったお陰で、お持ち帰りとなった次第です。

この宮城県の「ボトル浦霞」、かなり前からの定番酒です。浦霞の中でも、すっかりと定着した実力者で、300mlのボトル売としては、非常に優れたお酒です。これをコンビニで見つけて持参したのですから、最近のコンビニの商品力は大したものです。

かなり前の話ですが、浦霞さんは1石あたりの売上高が全国トップクラスだと聞きました。つまり「安い酒は売らない」「高い酒しか造らない」ということと同じなのです。現在はわかりません。しかし、今は手に入りやすいお酒も市場に出回っていますので、姿は変わってきているのかもしれません。

誰もが耳にし、目にし、口にしてきたことのある「浦霞」。
私はやはり、庶民の味方の地酒蔵元だと、感心してみています。
酒蔵にもそれぞれの方針があります。

未来へのビジョンがあります。

私たちはその先にある、豊かな、そして優しい日本酒の世界に導いてくれることを願いながら、今日もお気に入りの酒を口に運んでいることを幸せに感じていたいと思います。