南房総 千葉の秋を巡る手始め

 海ほたるはゴジラ一色

2016_09海ほたる (1)

夏の終わりに千葉の房総をぐるっと周ろうという話になりました。
木更津から海岸沿いに潮風を感じながら、うまい物に思いを馳せて行こうと。
ただ、車ゆえに昼酒は喉が鳴っても我慢の旅と、覚悟していました。
しかし、うまい話には落とし穴があるもの、友人の急な仕事で延期!
そこを改めて、諦めきれず敢行したのが9月の28,29日でした。

夏に公開された「シンゴジラ」が最初に現れるのが海ほたるの近くだったからか、川崎寄りのデッキにはゴジラの「実物?大の足跡」が残されていて、館内アチコチがゴジラでいっぱいです。

4階のショッピングフロアには大きく精巧なフィギュアまで飾られているのですから、本気度はかなりなもの。どうやら1/60サイズだそう。
動揺した私は写真も撮れず仕舞いでしたが…
まあ何であれ、人を寄せる努力は海ほたるでもこれほど力が入るのかと、驚いたのは確かです。歴代のゴジラ映画のPOPも並んでいましたからね。ゆっくりは見ませんでしたが、当時のものなら、かなりなレア物です。

リンク: 海ほたるにゴジラがやって来た

風が強いために海はやや荒れ気味。
波濤が高く色も濁っているようです。ゴジラが登場するには絶好の雰囲気でしたから、おあつらえ向きの日ですね。
幸い本物のゴジラは現れず、無事に木更津まで渡ることができました。

左の写真はアクアラインのトンネル掘削に使ったマシンのカッターの実物だそうです。右下の人と比べてみると分かる通り、とてつもない大きさです。

 またまた竹岡式ラーメン 日加里

11時半頃に例の「日加里」に到着しました。
ところが満員です。先客も並んでいます。
駐車場の脇には、実のなった枝が垂れ下がる柿の木。
その近くでは金木犀が満開。
玄関横はカランコエが静かに咲き誇っています。
私たちの番になると、在店客は20名。テーブルに10席、小上がりに20席ですが、小上がりには実際16名入ればそれ以上無理でしょうからすごい店です。
  • ラーメン 530円
    チャーシューメン 710円
    大盛り+50円
  • 定休日 毎週火曜、第一水曜
  • 時 間 平日 11:00~20:00/日祝 11:00~15:00
当然ですが、チャーシューメンを躊躇なく注文できる年ではありませんので、ラーメンです。
もちろん大盛りなどもっての外。
「返し」がチャーシューの煮汁で、スープは本当か嘘かお湯ということですが、かなり個性的で意外です。といっても、返しの煮汁はいくらかアレンジはしているでしょう。
相変わらず癖になる味でした。

日加里から車で2分ほどにある野菜直売所。
前回に来た時とはこの時期はまた違っていました。

冬瓜がゴロリと何個も並んでいます。
20cmを超えるほどの穂紫蘇の束。
むかご、椎茸も…
千葉といえばの梨。瑞々しい立派な梨です。
そして栗の実。
そういう季節でした。

歌舞伎町のゴジラ