2017竹田ゴールデンかぼす応援隊in大分市の夜

  大分市での懇親会

11月8日、昨年に引き続き今年も大分県竹田市まで、竹田ゴールデンかぼす応援隊として出かけることになりました。

大分駅に着いた時はわずかに雨が残る程度で、気にならないくらいに天気は回復していました。肝心の竹田ヘは明日になって乗り込むのですが、この夜は大分県庁の方たちと懇親会を大分市の「笑和や(しょうわや)」さんというお店で持つことができました。

大分駅の近くに宿を取った私がのんびりと歩いていくと、意外に時間のかかる場所でした。しかし、歩きながら周りのお店の様子などを伺ったり覗き込んだりして行くにはちょうど良く、いくらかは大分のお店事情などを知ったかぶりで向かったのです。

ところが、あに図らんや、笑和やさんで昨年にも増して、大分県食材の力を見せつけられることになろうとは、思ってもみなかったのです。
料理と同じようにカットされ大皿に盛り付けられたゴールデンかぼすもみごと。地元の人には珍しくな光景かも知れませんね。でも、これさえが私たちには意外すぎ、新鮮すぎです。

さあ!「ゴールデンかぼすサワー」で乾杯です。
ところがこのお店、甲類焼酎ではなくベースが乙類の麦焼酎二階堂。とことん大分にこだわろうと言うところでしょうか、サワーと言うには味が濃いし、かぼすだけをを目立たせずに焼酎のほうも主張してきます。
これは手強い懇親会になりそうです。先が思いやられますが、いよいよスタートです。

 琉球とかぼすヒラメ

先付けは大分の郷土料理「琉球」です。刺身の魚を甘口の醤油、酒、胡麻などに漬け込で、刻みネギをあしらったものです。
家庭料理でもあるので、各家庭でそれぞれ違うレシピが受け継がれているらしく、良いもんですね。目の前にはすでに鶏唐揚げも当たり前のような顔をして待っています。
そこでやって来たのが刺身の盛り合わせ。かぼすブリ、タコも乗っていますが主役はかぼすヒラメ。こちらも養殖の餌にかぼすの皮を混ぜたペレットを一時期加えて育てるそうです。もちろん身にかぼすの味や香りが着くほどではありません。
鮮度が良いこともあって、旨さが口で際立つところがたまりません。高級魚ヒラメですし、感動モノです。有名だと聞いたタコも噛めば噛むほど味が出てこちらも嬉しい素材に違いありません。
この日はお目にかからなかった有名な城下カレイも大分にはあるくらいです。海の美味しいものはまだまだありそうです。

 どんこしいたけの天ぷら

この椎茸がまたまた気が利いていたのです。写真では別段変わることがないようなこの椎茸、実に肉厚で、しかも大きい。1枚の椎茸をを3切れにして揚げていると思われるのに、その1切れが一口ではいけない大きさです。もちろん天つゆは出してくれましたが、不要でした。

何だか美味しさが違います。肉厚のどんこ椎茸というだけでも高価なのは知っていて、美味しいに決まっているのは想像できます。だのに何だか違います。

そこで明かしてくれたのです。干し椎茸を水で十分に戻してから天ぷらにしていました。いやあ、驚きです。想像だにしませんでした。聞いてみれば、なるほどなあとなるのに、考えてもみなかった干し椎茸の天ぷらでした。

魚も同じく干すことによって旨味成分のアミノ酸が増加するように、椎茸は干すことで、他の食材にはほとんど含まれることのないグアニル酸という旨味成分が増成されて、独特の旨味を蓄えるそうです。

その椎茸をわざわざ戻して天ぷらにしているのですから、旨さが別格なのはここにあったのですね。知らなかったとは言えこれは目からウロコです。
あとはその戻し汁の行方が気になるだけ…
次は鍋物へつづく…

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※ ゴールデンかぼす取扱業者さん
有限会社ウインキューブインターナショナル
〒104-0061 東京都中央区銀座1-27-8 セントラルビル5F
TEL:03-3562-8450 / FAX:03-3562-6450
docomo 090-7407-0439
e-mail t-tadokoro@wincube.co.jp
HP http://www.wincube.co.jp
FB http://www.facebook.com/wincube
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~