鶴の友純米 年に数度の新潟酒

 値段の差はどこにある

私は純米酒至上主義ではありません。純米酒だからといって特別扱いすることもありません。自然、何でも拘りなく、酒蔵の勧めるものや影に隠れているものや、安ければ安い日本酒ほど興味があります。平たく言えば、何でも良いのです。支払う金額以上に美味しければ。

コレが曲者です。1升瓶で2,000円のお酒の美味しさをどうやって測れば4,000円のお酒が2倍の美味しさになっていると決められるのでしょう。と、こんな屁理屈を当てにしては余計にわからなくなるだけです。

そこで私が常々肝に銘じていることは、どんなに美味しく飲めようが、普段の小遣いで気軽に飲めなければ全くありがたくないということです。だからでしょうか、試飲会などに行って1升瓶で1万円というお酒を試させてもらうこともあるのですが、「これが本当に美味しいお酒なんだろうか?」と疑ってしまうことも度々なのです。「なんて罰当たりな!」とも思いながら、改めてそんな目で、いや舌と財布で味わってみるのです。2,000円のお酒と比べて、5倍のお金を払って飲んでみたいかなあ…と。
お陰さまで数々の試飲会に参させてもらって、1升で5,000円以上のお酒は限りないほどに試す機会をいただいています。だからこそ失礼を承知で、そんな風に思うのです。

 企画して造る


おそらく、どんな商品もこんな規格でこの値段で売ろうと企画して造るのが手始めなのだろうと思います。こんなのが出来たから幾らにしよう?というのは数少ないはずです。自社の日本酒のラインナップに何が必要かを考えて、定番も新商品も季節物も揃えていくのだと思うのですが、企画通りにピッタリと完成するわけでもないで方から、これには技術と経験の裏打ちが必要なのは確かです。

毎回毎回、定番の銘柄を大きな違いなく造り続けるなんてことは、本当は大変な芸当なんだと私は感心するのです。日々に愛される手頃な価格で販売するお酒を維持するのは、酒蔵にとって最も大切で、かつ最も難しいことのように私は思っていて、ここには感謝の念を持ってそんなお酒に接していきたい気持ちで一杯になります。酒蔵の努力と地元への愛情もあって大切に歴史を刻んだお酒は、私たち消費者も心して育むべきだと信じているのです。

 年に数度の発売

新潟の鶴の友純米酒は年に数度の発売と聞いています。これも限定酒のひとつと理解していいのでしょう。
いつもの新潟の友人が送ってくれたこの「鶴の友純米酒」を東中野での飲み会の持込として飲ませてもらうことにして、敢えて冷や(常温)がいいだろうと、冷やさないままで用意してもらいました。

先ずはビールを飲みながらで、そこに「先付け」が子持ち昆布です。近頃は天然は少ないでしょうから、ビッシリと付いています。いい歯ごたえですね。

さらに「前菜」が焼き茄子とカニの酢の物。こんな料理を見てビールとは?と思いながらのところへ「刺身の盛合せ」がドドーンと登場となると、もう我慢できません。ビールはまだ何分残っているというのに、これはチェイサーでいいか何てことにして「お酒くださーい!」となってしまいました。

 鶴の友純米酒・新潟

麹とあいまった米の香りが独特で、同表現しようかと思っても言葉が出てこないのが悔しい。アルコール度数は16度ほどで、ちょうどいい感じ。全体の口当たりは甘口ではないながら、どうしても甘く感じます。精米歩合が59%とさり気ない表示ですが、吟醸並みに磨いているだけに円やかで雑味の少ないお酒です。温燗なんかも合いそうで、食中酒としては申し分ありません。
このお酒が実は1升瓶で2,400円ほどということ。いいですね。
きっと発売が待ち遠しくなることでしょう。

 八海山赤越後・新潟

八海山純米吟醸しぼりたて生原酒・越後で候赤ラベル

なんと長い名前です。50%精米とアルコール度数17.5度という数字をお知らせすれば、長い名前と一緒に考えることで味の想像はつくことになります。食中酒としてはいささかどうかな?という部分もありますがインパクトは十分です。

これは毎年年末近くなって一般の通称「赤ラベル」「青ラベル」の名で八海山から二種類発売されます。通年ではなく季節に合わせての楽しみは地酒ファンにとっても心待ちにすることでしょうから、こんな企画は大歓迎です。限定酒を飲みながらの集まりはそれだけでも盛り上がり、酒好きには濃い時間を提供してくれることになりました。
ほんと、ありがとうございます。